12月4日(水) fabbit Conference “スタートアップエコシステム”~2019年のトピック総まとめ~にご来場頂きありがとうございました。

12月4日(水)肌寒くも快晴の広がる空模様の中、fabbit Conference “スタートアップエコシステム”~2019年のトピック総まとめ~を開催いたしました。


2019年の最後を締めくくる今回のfabbit Conferenceは、”スタートアップエコシステム”をメインテーマに、支援される側であるスタートアップと、支援する側のVCやアクセラレータ等の皆様をお招きし、双方の視点から2019年のスタートアップエコシステムでの出来事やトピックを振り返ると共に、2020年への展望についても語って頂きました。

モデレータに、ボードウォーク・キャピタル㈱代表取締役社長の那珂通雅氏を迎え、VC・アクセラレータ枠のディスカッションではfabbitアンバサダーでもあり、株式会社パソナグループ ベンチャー戦略本部事業開発ディレクターの塩谷愛氏にもモデレータを務めていただきました。

スタートアップパネルディスカッションでは、下記3名にご登壇いただき、起業の契機や、自社サービスの特徴などをプレゼンテーションいただきました。

  • ■ディライテッド㈱ 代表取締役CEO:橋本真里子氏
  • ■㈱OsidOri 代表取締役CEO:宮本敬史氏、
  • ■㈱Fun Group 代表取締役:三木健司氏

ディライテッド㈱ 代表取締役CEO:橋本真里子氏は、ご自身が企業の受付をやられていた経験の中で、周りが便利になっていく中、受付業務がアップデートされないことに違和感を感じ、起業を決意されたことや、クラウド受付システムである「RECEPTIONIST」についてお話頂きました。

㈱OsidOri 代表取締役CEO:宮本敬史氏は、共働き夫婦は増えている社会的背景の中で、夫婦間のお金の管理をより簡単・便利にできるシステムを作成、夫婦共同口座、個人の口座の両方を管理することができるアプリ「OshidOri」を3ヶ月前にリリースしたばかりというホットな話をしていただきました。

㈱Fun Group 代表取締役:三木健司氏はプーケットで荷物をすべて取られるような経験をし、質の高い現地ツアーを企画することで、事業の拡大を行ってきたことや、11月に社名を㈱タビナカから変更したことが伝えられました。

質疑応答では、QRコードによる質問入力フォームも活用され、全国の会場からたくさんの質問が届きました。「どういうメンバーではじめ、資金調達はどうしたのか?」「今後の資金調達やどうやって会社を大きくしていきたいか?」といった質問が飛び交い、活発なディスカッションが繰り広げられました。

続いてのアクセラレータパネルディスカッションでは、fabbitを含めた5社がそれぞれの事業内容や、特徴をお話頂きました。


  • ■Microsoft for Startups 日本マイクロソフト㈱:戸谷仁美氏
  • ■三井住友海上キャピタル㈱ 投資開発 マネージャー:船戸遼史氏
  • ■㈱ケップル アカデミー事業部総合プロデューサー:藤原弘之氏
  • ■FUJITSU ACCELERATOR 富士通㈱ FUJITSU ACCELERATOR代表:浮田博文氏

冒頭では、Microsoft for Startupsがスタートアップ支援プログラムを59か国で行っていること、三井住友海上キャピタル㈱では、スタートアップと大企業、VCを繋ぐマッチングプラットフォームのLUNCH PITCHを毎月開催、㈱ケップルでは、スタートアップや投資家が集って学べるリアルな場であるケップルアカデミーを開講、FUJITSU ACCELERATORでは地方からでも遠隔で協業可能で最初のテーマ設定から主体的に参画しているなどそれぞれの特徴をご紹介いただきました。

事業紹介後には、2019年のスタートアップ業界でのトピックス・ニュースについてディスカッションが行われ、モデレータの那珂通雅氏、塩谷愛氏を中心に深く掘り下げられ、会場の熱気も高まりました。最後にスタートアップ企業へ伝えたいことや思いについてお話しいただき、ご来場者は食い入るように話を聞いている姿が印象的でした。


その後、開かれたネットワーキングパーティでは、名刺交換も盛んに行われ、登壇者への相談や質問など、大盛況のうちに閉会となりました。師走の慌ただしい季節となりましたが、中継拠点も含め120名以上の方に参加いただき、誠にありがとうございました。

次回のfabbitConferenceは、2020年1月、HR Tech~人財活用のイノベーションとは~をテーマに開催いたします。

HRTechとはHuman Resources(ヒューマン・リソース)とTechnology(テクノロジー)を掛け合わせた言葉です。2019年はHRtech元年とも言えるほど、この言葉が世の中に広まってきた年と言われています。そんなHRTechについて一歩掘り下げて学ぶ1月のfabbit Conference、ご期待ください。

(次回のfabbit Conferenceはこちらからお申込いただけます)

https://fabbit.co.jp/event/fabbit-conference-20200123/