「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」にfabbitメンバーが参加しました

12月9日(月)ベルサール六本木にて、日本サブスクリプションビジネス振興会主催の「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」の表彰式が開催され、同振興会の会員であるfabbit株式会社のメンバーが参加しました。

モノの”所有”から”利用”へと転換している時流の中で、定額制商品販売・サービス提供を行うサブスクリプションビジネスが,、様々な形で日本でも取り入れられ話題となっています。今回開催された「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」の表彰式では、グランプリをはじめ各賞が発表されました。

グランプリに選ばれたのは、月額で、子どもの成長と月齢に合わせたおもちゃや知育玩具を隔月でお届けするレンタルサービス『トイサブ!』を運営する株式会社トラーナでした。

▼受賞式の様子
受賞式の様子

■受賞サービス一覧

  • グランプリ:『トイサブ!』株式会社トラーナ 
  • シルバー:『MEZON』株式会社Jocy 
  • ブロンズ:『Optune』資生堂ジャパン株式会社 
  • 協賛企業賞:
  • さくらインターネット賞/『GooPass』カメラブ株式会社
  • GMOペイメントゲートウェイ賞/『ダイソンテクノロジープラス』ダイソン株式会社
  • Paidy賞/『ネット宅配クリーニング「リネット」』株式会社ホワイトプラス
  • 優秀賞:
  • 『安否確認サービス』トヨクモ株式会社
  • 『URIHO』株式会社ラクーンフィナンシャル
  • 『every pass』株式会社JR東日本ウォータービジネス
  • 『OFFICE PASS』株式会社日本経済新聞社
  • 『レターパックダイレクト』株式会社JPメディアダイレクト

表彰式後、トークセッションが行われ、サブスクアンバサダーのロザン宇治原史規氏、佐川隼人代表理事、トラーナ社取締役の3名による、お勧めのサブスクリプションサービスや、理想のサブスクリプションサービスについてなどの談論があり、来場者は興味深く聞いている様子でした。

▼ロザン宇治原氏も参加したトークセッションの様子
ロザン宇治原氏も参加したトークセッションの様子

最後には、日本マイクロソフト株式会社梅田成二氏による基調講演が行われ、大企業によるサブスクビジネスの取り組みを聴講し、サブスクリプションビジネスの勢いを感じる1日となりました。

詳細はこちら:https://subscription-japan.com/award