1月23日(木) fabbit Conference ”HR Tech”~人財活用のイノベーションとは~にご来場頂きありがとうございました。

1月23日(木)fabbit Conference ”HR Tech”~人財活用のイノベーションとは~を開催しました。

2020年の最初のfabbit Conferenceは、昨今よく耳にする”HR Tech”をテーマに、特別講演、パネルディスカッション、上場企業社長セミナーの3部構成でお送りいたしました。

モデレーターは、同日オープンした、fabbit Global Gateway “San Francisco”より、ボードウォーク・キャピタル㈱代表取締役社長の那珂通雅氏と、fabbit Global Gateway “Otemachiより、株式会社パソナグループ ベンチャー戦略本部事業開発ディレクターの塩谷愛氏に務めて頂きました。

HRTechとはHuman ResourcesとTechnologyが掛け合わされた言葉で、人事(Human Resources)の問題をテクノロジー(Technology)で解決する手法です。2019年はHRtech元年とも言えるほど、この言葉が世の中に広まってきた年と言われています。

テクノロジーの普及により採用・労務管理・給与管理といった従来多くの人手がかかっていた領域に対して効率化するだけでなく、マッチングによる短時間での労働や副業といった新たな働き方や、給与支払などの報酬体系をも革新するサービスまで出てきており、その裾野は大きく広がっています。

そんな社会背景の中、第一部の特別講演では、株式会社パソナグループ グループIT統括本部 シニアマネージャー 渡邊 篤志氏をお招きし、人事のプロによるHR Tech最前線の情報をお話しいただきました。

カオスマップを用いてのHR Techの概要説明から、戦略人事の重要性、HR施策の具体化、そして働き方改革において今後必要なHR Techについてなど、HRTech入門から最新情報まで教えて頂きました。

第二部のスタートアップパネルディスカッションでは、話題のスタートアップ4社にお集まりいただきました。

株式会社ドゥーファ 一戸氏は、2017年10月より株式会社ドゥーファを創業。 副業マッチングプラットフォーム事業や、人材紹介事業を展開し、副業プラットフォーム「kasooku(カソーク)」をリリースされております。

Motify株式会社 Dore氏は2016年にモティファイ株式会社を創立。社内SNS、アンケート、チャット、体調管理が可能な人材育成プラットフォーム『Motify Culture Check』を開発、2019年からは、入社時の労務業務効率化をサポートする新サービス『Welcome HR』を開発されております。

株式会社リフカム 清水氏は、「生きがいを持って働く人と、魅力的に働く会社を世の中に増やしたい。」を信条に、リファラル採用を活性化するクラウドサービス「Refcome」や、全員参加型リファラル採用を支えるプラットフォーム「Refcome Team」を展開されております。

株式会社アイデンティティー 今野 氏は、「世界のテクノロジストと未来を創造し社会貢献する」をPHILOSOPHYに、IT人材に特化した求人広告媒体「techcareer」とIT人材を多様な契約形態で支援するIT人材エージェントサービス事業でIT人材採用支援を行っております。

それぞれ5分間の事業紹介の後、全国の会場から寄せられた登壇者への質問やモデレーターからの質問にお答えいただきました。人材業界の様々な課題に対し、スタートアップならではのビジネスプランを紹介いただき、そのアイデアに会場は感嘆の声も上がりました。

第三部の上場企業社長セミナーでは、2019年4月に東証一部市場へ上場された、テモナ株式会社 代表取締役社長 佐川 隼人氏の起業ストーリーについてご講演いただきました。

テモナ株式会社では、多くの企業のビジネスモデルを「サブスクリプションビジネス」に転換し、事業者の経営と生活者の暮らしを”てもなく”することを理念に掲げ、これを追求するための事業を運営・開発しておられます。

今回佐川様には『東証1部上場までの軌跡』と題し、2017年に東証マザーズ市場へ上場から2019年4月に東証一部市場へ上場と成長を遂げた起業ストーリーをお話しいただきました。

18歳からの自らの経験を赤裸々にお話しいただき、ご自身の生死をさまよった経験やメンバーがリタイアしていった苦労、そこから得た会社経営においてなにが必要なのかを体験談を踏まえながらお話しいただきました。

その後、開かれたネットワーキングパーティでは、名刺交換も盛んに行われ、大盛況のうちに閉会となりました。小雨も降り、気温も低い中多くの方にお集まりいただき誠にありがとうございます。

次回のfabbit Conferenceは、2月27日(木)、テーマは「2020年AI事情」です。

AI、ビッグデータによる第4次産業革命真っ只中の今、需要予測やデータ分析、画像認証・解析というAiの活用技術は想像できるものの、AIの得意領域やユースケース(好事例)についてはあまり多く知られていないのが現状ではないでしょうか?

AIの得意領域やユースケースについても学べる2月のfabbit Conference、ご期待ください。皆様奮ってご参加ください。

詳細・お申し込みはこちら:https://fabbit.co.jp/event/fabbit-conference-20200227/