【イベントレポート】fabbit・NBC共催「第4回スタートアップ・メンタリング・プログラム」

スタートアップ企業支援とコワーキングスペース運営を行うfabbitは、2021年6月21日に一般社団法人東京ニュービジネス協議会(以下NBC)と共催し「第4 回 スタートアップ・メンタリング・プログラム」を開催しました。

モデレーター兼審査員・メンターを務める株式会社Ubicomホールディングス 代表取締役社長でNBC副会長の青木正之氏、株式会社MS-Japan 代表取締役社長の有本隆浩氏、株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大氏、株式会社クリーク・アンド・リバー社 代表取締役社長でNBC会長の井川幸広氏、株式会社エスクリ 取締役 会長ファウンダー 岩本博氏、株式会社システムソフト 代表取締役副社長 田中保成氏が審査員兼メンターとして参加し、スタートアップ企業7社がピッチプレゼンを実施しました。

はじめに医療・介護業界向けIoTセンサーの開発、販売を行う株式会社クォンタムオペレーション 取締役 パートナー営業部長 久保憲治氏のピッチを皮切りに、2社目はクリエイタープロダクションやコンテンツ制作事業を展開する株式会社BitStar 代表取締役社長CEO 渡邉拓氏、3社目にAI開発ツールの提供されている株式会社MatrixFlow 代表取締役社長 田本芳文氏、4社目に幼児・小学生向け動画配信サービス「Mimmy(ミミー)」を運営する株式会社Mimmy 代表取締役社長& CEO 関根謙太氏、5社目に米市場のグロックチェーンプラットフォームを開発・運営されているRice Exchange CMO クリスチャン シュミッツ氏、6社目に遠隔/仮想釣りシステム「TeleAngler」を開発されている株式会社Re-al 代表取締役社長 新明脩平氏、7社目に英語学習コーチング「プログリット(PROGRIT)」を提供されている株式会社プログリット 代表取締役社長 岡田祥吾氏によるピッチが行われました。

各社のピッチ後には、審査員や視聴者からピッチ企業に対して、クリエイターの離脱についての捉え方やAIの汎用性など多岐にわたる質問が投げかけられました。その後、審査員兼メンターの青木氏、井川氏に加えて、ボードウォーク・キャピタル株式会社 代表取締役社長CEOの那珂通雅氏が登壇し、アイディアにかける情熱が伝わる刺激的なピッチ大会となったことについて講評が行われました。

最後の結果発表では、優秀賞に株式会社クォンタムオペレーションと株式会社BitStarの2社、最優秀賞には株式会社プログリットが選ばれ、受賞した3社には来年3月に開催予定の決勝大会への出場権が授与されました。

本イベントの様子はfabbit会員サイトにてご覧いただけます。fabbitは、スタートアップのエコシステム構築を目指しています。引き続き、多種多様なイベントや交流会を開催し、最先端の情報やビジネストレンド、更には事業に役立つ情報をお届けしていく予定です。

 

fabbitが開催するイベント情報はこちら:

https://fabbit.co.jp/event/

 

fabbitの利用に関するお問い合わせはこちら:

https://fabbit.co.jp/form/contact.php

 

 

【株式会社システムソフトの会社概要】
代表者:代表取締役社長 吉尾 春樹
本社所在地:東京都千代田区大手町二丁目6番1号 朝日生命大手町ビル2階