fabbit Global Gateway “ACROS Fukuoka”入居者の株式会社トルビズオン、 株式投資型クラウドファンディングで6,000万円の調達を達成

fabbit Global Gateway “ACROS Fukuoka”入居者で、ドローン(無人航空機)の円滑な社会実装のための上空シェアリングプラットフォーム「sora:share(ソラシェア)を運営する株式会社トルビズオン (福岡県 代表取締役:増本 衛)が、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2021年9月17日(金)より募集による投資申込みの受付を開始し、約6000万円の資金調達を完了されました。

クラウドファンディング募集ページ
https://fundinno.com/projects/269

株式会社トルビズオンは、ドローンが配送やインフラとして上空を飛び回る未来において「空の道」を創り、世界中の空が安心・安全に利活用される「空のSDGs」を目指す、空のインフラ企業です。

「ソラシェア」は、上空をドローンが飛ぶことによる不安を解消し、ドローン飛行の合意が取れている空域を可視化することで、ドローンの円滑な航行を可能にすることを目指します。さらに、合意が取れた空域をつなげて「空の道」を作ることで、第三者上空の飛行を必要とするドローン利活用(物流やセキュリティ等)を促進します。

fabbitは今後も入居者及びスタートアップ企業を応援してまいります。