【イベントレポート】企業が成長のために必要なコーポレートイノベーションについて、著名アクセラレーターが解説~スタートアップ・アクセラレーション・プログラム in シリコンバレー~

株式会社システムソフト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉尾 春樹、東証一部:7527)でスタートアップ企業支援とコワーキングスペース運営のfabbitは、企業が永続的に成長するために必要と言われるコーポレートイノベーションについて学べるウェビナー(オンラインセミナー)「スタートアップ・アクセラレーション・プログラム in シリコンバレー」を開催しました。

当日は、シリコンバレーで著名なVC・アクセラレータである「BootUP World」のファウンダー兼CEOのMukul Agarwal氏が登壇し、日本を代表するエンジェル投資家で、数々のスタートアップ企業を上場に導いた経験を持つボードウォーク・キャピタル株式会社 代表取締役社長CEOの那珂通雅氏との対談形式で、コーポレートイノベーションについて紹介しました。

冒頭に、Mukul氏は1955年にFortune誌に大企業として紹介されていた500社は、2016年には60社しか残らなかったこと、1900年に紹介された25社は、2社しか現在存続していないことなどを紹介しました。現在、大企業と言われる企業も10年後にはディスラプション(破壊的創造)によって存在しなくなると言われており、コダック、ブラックベリー、NOKIAなどの一時代を築き上げたブランドも、イノベーションを起こせずに時代の波にのまれた、と紹介しました。

そして、Mukul氏は企業が失敗した理由を次の6つにまとめました。

① 市場を見ていなかったこと
② 顧客(の要望など)しか見ておらず、ユーザー体験にフォーカスしなかったこと
③ 製品テクノロジーで時代遅れの技術しか使っていなかったこと
④ リスクを取る、チャレンジする人材がなかったこと
⑤ 非常に厳しくコントロールされた組織体制だったこと
⑥ 長期的な視点でどう生き残るかという考えを持てなかったこと

Mukul氏によると、携帯電話で一時代を築いたNOKIA、BlackberryがAppleに取って代わられた理由には、テクノロジーが挙げられると言います。企業成長には、ブランド、流通網、リソース、テクノロジーの4つが必要で、これらの会社では、その中のテクノロジーだけが欠けていたことで、成長機会を逃してしまったと説明しました。

そしてコーポレートイノベーションを行っている企業は、物事を短期で考えず長期的視点で、かつグローバルの状況などを把握しているといいます。また、固定概念にこだわらずに、最初は小さいところから始めてもいいので、近視眼的に物事を考えず着実に、どうやって生き残るかを考えるべき、と話しました。そして革新的な企業の例として、Netflix、Apple、Airbnb、Teslaなどの企業を紹介したほか、未来のイノベーションを期待する分野として、AI、ロボティックス、ブロックチェーン、エネルギー、遺伝子科学、ワクチンなど、これらの分野から新しいイノベーションが起きると紹介しました。

また、日本企業については非常に勤勉であることから、次の10年についてしっかりと考え、早いペースで自らを変革していく必要があること、そして起業家精神とイノベーションの中心地であるシリコンバレーにあるビジネスのためのエコシステムを活用してほしい、と話しました。

fabbitでは、多種多様なイベントや交流会を通じて、最先端の情報やビジネストレンド、さらには事業に役立つ情報をお届けしています。なお、fabbit会員サイトでは、本イベントを含む過去の動画を公開していますので、ぜひご覧ください。

また、fabbitが開催するイベント情報は下記をご覧ください。
https://fabbit.co.jp/event/

 

以上

 

【株式会社システムソフトの会社概要】
代表者:代表取締役社長 吉尾 春樹
本社所在地:東京都千代田区大手町二丁目6番1号 朝日生命大手町ビル2階

 

[Event Report] Renowned Accelerator Explained Corporate Innovation Necessary for Corporate Growth – Startup Acceleration Program in Silicon Valley

 

fabbit held a webinar (online seminar) “Startup Acceleration Program in Silicon Valley” to learn about corporate innovation, which is said to be necessary for companies to grow permanently.

Mr. Mukul Agarwal, the founder and CEO of BootUP World, a well-known VC and accelerator in Silicon Valley, introduced corporate innovation in a dialogue format with Mr. Michimasa Naka, CEO of Boardwalk Capital Inc., a leading angel investor in Japan who has led numerous startups to go public.

At the beginning of the speech, Mukul mentioned that only 60 companies remained in 2016 out of the 500 companies featured in Fortune magazine in 1955, and only two of the 25 companies featured in 1900 are still thriving. It is said that even today’s well established companies will cease to exist in 10 years due to disruptions, and brands that have built an era, such as Kodak, Blackberry, and Nokia were swept away by the waves of time due to inability to innovate.

 

Mr. Mukul summarized the reasons why companies failed to innovate in the following six areas.

(1) Failure to look at the market.
(2) They only looked at the customer and did not focus on the user experience.
(3) They used only outdated product technology.
(4) There was a lack of human resources to take risks and take on challenges.
(5) The organizational structure was tightly controlled.
(6) Lacked of ideas on how to survive from a long-term perspective.

He also introduced why NOKIA and Blackberry, which built a generation of cell phones, were replaced by Apple. He explained that company growth requires four things: brand, distribution network, resources, and technology, and these companies missed out on growth opportunities because of the absence of technology.

Mr. Mukul explained that companies with corporate innovation do not only focus on the short term goals, but should also foresee a long-term perspective and understand the global situation. He also stated that it is all right to start small and think about how to survive instead of thinking short-sightedly. Netflix, Apple, Airbnb, Tesla, were cited as innovative companies introduced by Mukul, and he said that AI, robotics, blockchain, energy, genetic science, vaccines, etc. are the areas where future innovation is expected.

He also mentioned that Japanese companies are very diligent and need to think out of the box about the next decade and transform themselves at a fast pace, and  they should take advantage of the business ecosystem in Silicon Valley, the center of entrepreneurship and innovation.

fabbit holds a wide variety of events and social gatherings to deliver cutting-edge information, business trends, and useful information for businesses.

fabbit members are welcome to view past videos including this event. The videos are available on the fabbit members’ website. Please see below for events information held by fabbit.

https://fabbit.co.jp/event/

 

【Company Profile of SystemSoft Corporation】
Representative: Haruki Yoshio
Head office: Asahi Seimei Otemachi Building 2nd Floor, 2-6-1 Otemachi, Chiyoda-ku, Tokyo