【イベントレポート】fabbit Conference開催レポート~コロナ禍における米国・欧州・アジアの経済と観光の「今」~

Japanese followed by English

スタートアップ企業支援とコワーキングスペース運営のfabbit株式会社(本社:東京都千代田区、CEO:田中 保成)は、「fabbitグローバル拠点から見る コロナ禍における米国・欧州・アジアの経済と観光の『今』」と題したfabbit Conferenceを開催しました。

第一部では、ハワイ州の上院議員であるグレン・ワカイ氏が登壇し、毎日3万人近くが訪れていたハワイにおいて、コロナ禍で訪問者数が数百人にまで減少し、ようやく10月15日にアメリカ国内の観光客の受け入れが可能になったことで8,000人まで戻ったことなどを紹介しました。また、ハワイでは、いまだに大きな影響を受けているものの、日本を含むアジア各国からの観光客を受け入れる準備を進めていること(2020年11月6日から事前PCR検査による陰性の証明書があれば隔離を免除)が紹介されました。

そして、ハワイでのスタートアップ支援を行うMajiConnectionの岩崎 貴帆氏がビジネス市場としてのハワイの魅力について紹介しました。岩崎氏によると、日本企業とシリコンバレーでは文化の壁によってシナジーが生まれにくい状況にあり、ハワイは地理的、文化的にも中間地点にあることから、日本企業にとって進出しやすい土壌があるといいます。岩崎氏からは、MajiConnection社がサポートするテック企業やグリーンエネルギー企業などの実績が紹介されました。

その後、ボードウォーク・キャピタル株式会社 代表取締役社長の那珂通雅氏をモデレーターに加えて、パネルディスカッションを行いました。大統領選の結果によっては観光業への打撃が続く恐れがあることや、日本人とアメリカ人の仕事に対する価値判断基準の違い、そしてハワイ州で成長が期待される業界として、観光以外に水関連ビジネス、通信・ドローンなどのエアロスペースなどがあることが紹介されました。

fabbit Conference ~コロナ禍における米国・欧州・アジアの経済と観光の「今」

次のパネルディスカッションでは、サンフランシスコ、ドイツ、フィリピンからそれぞれの地域でコロナがどのような影響を与えているのかについて紹介されました。サンフランシスコからは、カリフォルニア州での感染者数の増減傾向や、大統領選の支持基盤に見る州別のコロナ感染者数の違いや、コロナによる株価の動きとその要因、困難な状況の中でも活躍するスタートアップ企業の動きなどが紹介されました。

ドイツからは、緊迫するヨーロッパの状況について紹介されました。新規感染者数がスペイン、フランス、イタリアで増加する傾向にあり、各国でいろいろな政策をとっているものの、特にロックダウンが各国で広がりつつあるとのことでした。特に、小売業の売り上げの1/3を占めると言われるクリスマス期間にどのような影響があるのかが注目されていると紹介されました。

フィリピンでは感染者数が8月をピークに下がり続けているものの、毎日2000人から3000人が新たに報告されており3月のロックダウンが続いている状況にあるといいます。国内の産業での緩和は進んでおり、病院や医療サービス、生活必需品などは通常通り事業が認められているものの、入国規制が継続されていることと、公共交通機関の制限によって通勤困難者が多く、フル稼働ができない状況にあり、もう一段の緩和が望まれるとのことでした。

fabbit Conference~コロナ禍における米国・欧州・アジアの経済と観光の「今」

第二部の上場企業セミナーでは、「One Asia」をビジョンに掲げ、アジアを舞台に旅行事業をはじめ幅広く事業を展開される株式会社エアトリから、COOの王伸氏が登壇しました。拡大する同社事業を紹介しつつ、その中にあった大きなターニングポイントとして、B2B取引の早期拡大、システム開発の内製化、積極的なM&Aによる事業の多角化を挙げ、それによって収益性を向上できたといいます。またこれらの取り組みのおかげで、Go Toトラベルキャンペーンへの対応や、コロナの陽性になった場合のキャンセル料の無料化、保険による補償付き新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインサービスの提供など、迅速な対応が可能になったとのことです。アフターコロナへ向けても、いかに新しい旅行スタイルを考え、提供していくのか、そしてM&Aによる積極的な投資を幅広く多角的に行っていくなどの事業方針について紹介されました。

fabbit Conference~コロナ禍における米国・欧州・アジアの経済と観光の「今」

fabbitが開催するイベント情報は下記をご覧ください。

https://fabbit.co.jp/event/

 

以上

 

【fabbit 株式会社の会社概要】

代表者:代表取締役 田中 保成

本社所在地:東京都千代田区大手町二丁目6番1号 朝日生命大手町ビル3階

 

 

[Event Report] fabbit Conference Report- The current state of the U.S., Europe and Asia’s economy and tourism in the midst of COVID-19 crisisfabbit Launches “Workation” Plan with JALPAK – Promotes a new working style while traveling on the road

 

fabbit held a conference entitled “The ‘Now’ of the US, Europe and Asia’s Economy and Tourism in midst of the Corona break outcome,” which was held at fabbit’s global hub.

In the first part of the conference, Hawaii’s State Senator Glenn Wakai discussed the current situation of Hawaii. He explained how the number of visitors to Hawaii had dropped to a few hundred due to the COVID-19 apocalypse, which used to be close to 30,000 daily. Fortunately, there was a moderate increase in the number of visitors to 8,000 on October 15 when it started accepting domestic tourists. He also reiterated that despite the fact that Hawaii is greatly affected by COVID-19, it is preparing to accept tourists from Japan and other Asian countries starting November 6, 2020. An exemption from quarantine will be granted to visitors with a negative PCR test certificate.

Then, Ms. Takaho Iwasaki of MajiConnection, which supports start-ups in Hawaii, introduced the appealing opportunity of Hawaii as a business market. He utterly stated that Japanese companies and Silicon Valley have difficulty creating synergies due to cultural barriers, but because of  Hawaii’s ideal location in the middle of the geographical and cultural division, it is easier for Japanese companies to enter the country. In addition, tech companies and green energy, which are supported by MajiConnection, were also introduced by Ms. Iwasaki.

After that, Mr. Naka Michimasa, President and CEO of Boardwalk Capital, Inc. served as a moderator for a panel discussion. The discussion tackled  the potential for continued negative impact on tourism depending on the result of the presidential election, the difference in the value judgement criteria for Japanese and American jobs, and the business growth expectation in the state of Hawaii, such as water-related businesses, aerospace, and communications and drones in addition to tourism.

In the next panel discussion, representatives from fabbit offices in San Francisco, Germany, and the Philippines spoke about the global influence of COVID-19. San Francisco reported the fluctuating number of infected people in California, the state’s differences in the number of COVID-19  in terms of the presidential election support, the movement of stock prices due to COVID-19 and its related factors, and the changes of start-up companies that are thriving despite the difficult situation.

In  Germany, the challenging situation in Europe was reported . The number of new infections is rising steeply  in Spain, France and Italy, although each country is implementing various strict policies, the lockdown is spreading pervasively in each country. In particular, the sales impact of the pandemic situation on the Christmas period, which is said to account for one third of retail sales, was given full attention.

In the Philippines, although 2,000 to 3,000 new infections are reported every day, it has been decreasing since its peak in August, but the lockdown has been in progress since March. It is stated that the country’s industries are easing. Moreover,  hospitals, medical services, and daily necessities are able to do business customarily. However, the immigration is restricted and access to public transportation is still limited. Full operation is not possible yet, so further deregulation is called for.

In the second part of the Listed Company Seminar, Mr. Shin Wang, COO of Airtri Corporation, which is expanding its business in Asia under the vision of “One Asia,” including the travel business, took the stage and  introduced the company’s expanding business. He also cited the early expansion of B2B transactions, internalization of system development, and proactive M&A as major turning points in the company’s business expansion, which led to increase profitability. These initiatives have also enabled the company to respond quickly to the Go To Travel Campaign, waiving cancellation fees in the event of a corona positive test, and provision of new coronavirus infection control guideline service with insurance coverage, including the things to take into consideration and provide new travel styles in the pandemic situation, and at the same time business policies, such as aggressive investment through mergers and acquisitions in a wide variety of fields.

 

For more information on fabbit’s upcoming events, please visit; https://fabbit.co.jp/event/‌

 

Corporate Overview of fabbit Inc.

Representative: Yasunari Tanaka, CEO

Head office: Asahi Seimei Otemachi Building 3rd Floor, 2-6-1 Otemachi, Chiyoda-ku, Tokyo