【イベントレポート】ワーケーションはビジネスチャンスか?1月26日開催「fabbit Conference」レポート

株式会社システムソフト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉尾 春樹、東証一部:7527)でスタートアップ企業支援とコワーキングスペース運営を行うfabbitは、2021年1月26日にワーケーションをテーマにしたfabbit conferenceを開催しました。

第一部の特別講演では、日本航空株式会社 執行役員 人財本部長の小田卓也氏にご登壇いただき、同社がいち早く取り組んできたワーケーション制度を中心に、働き方改革で実施してきたことと、そこから得た知見についてお話いただきました。

第二部のパネルディスカッションでは、首都圏のIT企業を沖縄県に誘致する業務を担当している沖縄県東京事務所 主幹の宮城光恵氏、ウィークリーマンションやマンスリーマンションの物件情報を紹介するポータルサイト「Weekly&Monthly」を運営するWeekly&Monthly株式会社 代表取締役社長の黒木 健次郎氏、そして、スマートキーの「Selkey」と月額家賃だけで住み替えが可能な物件を紹介する「OHYA」を提供するSeltech株式会社 代表取締役の和智 紀行氏が登壇し、それぞれの取り組みや昨今のトレンドについて紹介しました。

fabbit conferenceワーケーション

 

特別講演: 日本航空株式会社 執行役員 人財本部長 小田卓也氏
小田氏によると、日本航空では2015年から「誰もが活躍でき生産性の高い職場を作る」ための取り組みを行ってきたそうです。その中で、新しい制度を単に整えるだけでなく、社員の意識を変えること、そして、何のために導入するのかをしっかりと考え、それをベースに新たな制度を積み上げていくことが、働き方改革を進めるために重要だといいます。

小田氏は、ワーケーションの取り組みの一例として、宗像市での事例を紹介しました。特に、ワーケーションの誘致には、人とモノの移動だけでなく、地元の人が気づかない良さを掘り起こす必要があると言います。そのため、JALでは、社員を派遣した研修を行い、アイデアを出していく中で、JALフラワーロードの造成、物産展を空港で行う「JAL空の駅」、宗像大社への巫女職の派遣など、新しいアイデアが生まれたといいます。

これらの経験から、外部目線での自分たちの地域の良さに気づき、どのようにして人を呼び込むのかを考えた地域が成功するとの考えを示しました。JALでは地域と地域をつなげることを目指しており、ワーケーションが地域の良さを発見するチャンスになること、そして、小回りの利くスタートアップとともに地域の新しい良さを発見、協業をすることで、日本を盛り上げていきたい、と語りました。

fabbit Conferenceワーケーション-JAL小田氏

 

パネルディスカッション
パネルディスカッションでは、移住推進を進める沖縄県の取り組み、ウィークリーマンション、マンスリーマンション、民泊などのポータルサイトのデータから得た考察、そして、スマートキーと家賃だけで住み替えができるサービスがとらえるビジネスチャンスについて紹介されました。

fabbit Conferenceワーケーション-パネルディスカッション

沖縄県では、企業誘致を積極的に行っており、いきなり最終目標の移住を推し進めるのではなく、新入社員の研修やプロジェクト合宿として沖縄に来ていただくという、段階的なアプローチをしているといいます。沖縄県にはIT企業やスタートアップ企業を支援する仕組みや補助事業があり、沖縄県が持つ課題を解決できる企業を募集しているとのことです。また、ワーケーションや移住を誘致する中で、地域の特色や魅力を明確に示すことが、今後の企業誘致の鍵になるというお話がありました。

fabbit Conference ワーケーション-沖縄県 宮城氏

Weekly&Monthlyでは、9万件以上のウィークリー賃貸物件、マンスリー賃貸物件を掲載する日本最大級のポータルサイトを運用しており、データを分析したところ、都市部よりも地方への注目が集まっているといいます。また、同社では、世の中のキーワードを使ったコンテンツ作りに力を入れており、その中で、世の中の変化のスピードが速くなっていると言います。そして、インバウンドが復活するアフターコロナを想定して、今のうちに先手を打っていくことが必要だ、と語られました。

fabbit Conference ワーケーション-Weekly&Monthly黒木氏

Seltechでは、日本の賃貸契約に手間がかかることから、初期費用が不要で、生活必需品が揃う物件の住み替えが自由にできる「OHYA」サービスを提供しており、同サービスがワーケーションをビジネスチャンスとして、サービスを広めたいといいます。また、同じく同社が提供するスマートキーによって、運営者が近くにいなくても賃貸物件のカギを受け渡しできることから、物件管理会社にとっても1部屋だけでも、1棟でも、住宅を柔軟に提供できることが魅力になっているといいます。

fabbit Conferenceワーケーション-Seltech和智氏

 

モデレーターを務めたボードウォーク・キャピタル株式会社の代表取締役社長CEOの那珂通雅氏からは、このコロナで大変な時期である中で、チャレンジとしてワーケーションをテーマに取り上げたこと、そして、ビジネスのやり方、拠点の在り方も変わっている中で、この変化を前向きに捉えてチャンスをつかんだ事例が増え、今後もそれを共有する機会を設けていきたい、との言葉をいただきました。

fabbitでは、日本企業と海外企業とをつなぐGlobal Gatewayとして、グローバル市場への展開やユニコーンへの成長を視野に入れたスタートアップ企業の支援を強化しています。スタートアップ企業を支援するイベントを継続的に開催し、引き続き、スタートアップのエコシステムとしてのさらなる発展を目指します。なお、fabbit会員サイトでは、過去のイベント動画を公開していますので、ぜひご覧ください。

 

fabbitが開催するイベント情報はこちら:
https://fabbit.co.jp/event/

 

以上

 

 

【株式会社システムソフトの会社概要】

代表者:代表取締役社長 吉尾 春樹

本社所在地:東京都千代田区大手町二丁目6番1号 朝日生命大手町ビル2階

 

 

[Event Report] Is Workation a Business Opportunity? – fabbit Conference Report

 

fabbit, which supports start-up companies and operates co-working spaces as a subsidiary of SystemSoft Corporation (headquartered in Chiyoda-ku, Tokyo; CEO: Haruki Yoshio; TSE Code: 7527), held a fabbit Conference on January 26, 2021, on the theme of Workation.

The first part of the conference featured a special lecture by Mr. Takuya Oda, Executive Officer and Senior Vice President of Human Resources, Japan Airlines Co., Ltd. (JAL). He talked about the company’s actions to work style reform and the insights they have gained from it, including its workation system that they have implemented at the early stage.

In the second part of the panel discussion, we welcomed Ms. Mitsue Miyagi, Manager of the Okinawa Prefecture Tokyo Office, who is in charge of attracting IT companies from the Tokyo metropolitan area to Okinawa Prefecture, and Mr. Kenjiro Kuroki, CEO of Weekly&Monthly Corporation, which operates Weekly&Monthly, a portal site introducing condominiums information, and Noriyuki Wachi, CEO of Seltech Corporation, which provides Selkey, a smart key system, and OHYA, that offers properties allowing people to move in with only monthly rent, and introduced their respective initiatives and recent trends.

 

Special Lecture:
According to Mr. Oda, since 2015, JAL has been implementing initiatives to “create a highly productive workplace where everyone can play an active role.” In this process, he said that it was also important  to change employee mindsets aside from setting up new systems. Also, to think carefully about what the system has been introduced for, and to build up new systems based on their belief.

Mr. Oda introduced a Munakata City case study as an example of a workation effort. In particular, he said that in order to attract business people, it is necessary to urge not only the movement of people and goods, but also to seek attractive points that local people are not aware of. Therefore, JAL sent its employees for training, and they manifested new ideas such as the creation of JAL Flower Road, the “JAL Sky Station” where a product exhibition was held at the airport, and a shrine maiden was sent to Munakata Taisha Shrine.

Based on these experiences, he realized the goodness of their community from the outside perspective and thought that it would succeed if they knew how to attract people. JAL aims to connect regions and believes that workations will give the green light to discover the utmost of their regions, and JAL hopes to boost Japan by discovering and collaborating with startups with a hand’s turn.

 

Panel Discussion:
In the panel discussion, the panelists introduced the efforts of Okinawa Prefecture to promote immigration, the insights gained from the data of portal sites for weekly and  monthly apartments and private accommodations, and the business opportunities presented by the flexible residential service and smart keys provider.

Okinawa Prefecture has been actively inviting companies to come to Okinawa, and instead of suddenly promoting the ultimate goal of immigration, they are taking a step-by-step approach of having new employees come to Okinawa for training and  project camps. Okinawa Prefecture has a system and subsidy programs to support IT companies and start-up companies, and they are looking for companies that can solve the problems that Okinawa Prefecture has. She also mentioned that the key to attracting companies in the future would be to clearly show the characteristics and attractiveness of the region in enticing business people and immigrants.

Weekly&Monthly operates one of Japan’s largest portal sites with over 90,000 weekly and monthly rental properties, and the data analysis shows that greater attention is focused on rural areas than urban areas. The company also focuses on creating content using trend words, and in doing so, “he said, quote, ‘The world is changing rapidly,’ unquote.” He also said that it is necessary to take preemptive action now in anticipation of the after-COVID-19 of the inbound revival.

Since renting a property in Japan is a time-consuming process, Seltech offers the “OHYA” service, which allows people to freely relocate into a property with all the  necessities without the initial cost. In addition, its smart key makes it possible to hand over keys to rental properties even when the operator is not nearby, so the property management companies can flexibly provide housing with just one room or one building that makes their services more attractive to the market. 

The fabbit Conference moderator, Mr. Michimasa Naka, CEO of Boardwalk Capital Inc., said that he took up the theme of “workation” as a challenge during this difficult time in COVID-19. He concluded that with the way business is being done and the nature of business bases are changing, the number of cases where people showed optimism on these changes and seized opportunities increased, and fabbit would like to continue providing and sharing these opportunities.

As a global gateway connecting Japanese and overseas companies, fabbit is strengthening support for startups with an eye to expanding into the global market and growing into a unicorn. We will continue to hold events to support startup companies and pursue the aim to further develop the fabbit startup ecosystem. Videos of past events are available on the fabbit member portal site, so please check it out.

For more event information, please visit: https://fabbit.co.jp/event/

 

【Company Profile of SystemSoft Corporation】
Representative: Haruki Yoshio
Head office: Asahi Seimei Otemachi Building 2nd Floor, 2-6-1 Otemachi, Chiyoda-ku, Tokyo