【イベントレポート】fabbit Conference ~スタートアップを成長軌道へ導くブランディングとは~

スタートアップと企業の第二創業を支援するfabbitは、2021年7月29日に「スタートアップを成長軌道へ導くブランディングとは」と題したfabbit Confereneを開催しました。

第一部:パネルディスカッションでは、ボードウォーク・キャピタル株式会社 代表取締役社長CEOの那珂通雅氏をモデレーターに迎え、ステップアウトマーケティング合同会社 代表 今宿 裕昭 氏、株式会社KOLテクノロジーズ 代表取締役 池田 和泉 氏、合同会社AND 代表 山崎 満靖 氏が登壇しました。

今宿氏はネット広告費がテレビ広告費を抜いた広告業界の現状やSNSをはじめとしたネットの発展により、中小企業でも大企業と同じ様な広告展開が可能となった事をご説明いただきました。また、元株式会社博報堂 ストラテジックプランニングディレクターの立場から、当時携わった2社の企業ブランディング事例についてもご紹介いただきました。

池田氏は、余剰在庫ゼロを目指しあらゆる商品と人をマッチングさせるプラットフォーム「サステナモール」の事業内容と合わせ、捨てる物に価値を付けて社会・環境を変える為に取り組まれているSDGsブランディングの仕組みについてご説明いただきました。

山崎氏は元テレビ東京にて制作&営業の“二刀流”プロデューサーとしてご活躍された立場から、スタートアップ企業でもテレビに取り上げる確率を上げる手法についてご解説頂きました。また、著名人の経歴を活かした効果的なブランディング戦略の実践事例や、コロナ禍でもメディアを通じたPR戦略により企業の売上増を達成させた成功例なども詳しくご紹介頂きました。

パネルディスカッションでは、コロナ禍で不必要なモノが鮮明になった状況下での広告宣伝費の使い道、マイナスイメージを抱えた企業でもブランド価値を上げる為の改善点、スタートアップ企業のブランディングにおいて大切な要素などについて話されました。

 

第二部:上場企業セミナーでは、アジアNo.1のPR企業としてPR業界を牽引されている株式会社ベクトル創業者・取締役会長 西江 肇司 氏より、同社の上場までの軌跡から、ネット広告を活用し企業の売上を大幅に向上させた事例、そしてスタートアップをはじめ若い起業家に向けたアドバイスなどをご講演されました。

モデレーター那珂氏とのディスカッションでは、“西江マジック”と称される企業の社名を変えた事で認知拡大・売上向上へと繋がった成功例を挙げ、ネーミング設定時は投資家目線でありながらも、簡潔に分りやすさを重要視している事を明かしてくださいました。

本イベントの動画はfabbit会員サイトにてご覧いただけます。また、fabbitでは、スタートアップのエコシステムとして、引き続き、多種多様なイベントや交流会を開催し、最先端の情報やビジネストレンド、更には事業に役立つ情報をお届けしていく予定です。

 

fabbitが開催するイベント情報はこちら:
https://fabbit.co.jp/event/

 

以上

【株式会社システムソフトの会社概要】
代表者:代表取締役社長 吉尾 春樹
本社所在地:東京都千代田区大手町二丁目6番1号 朝日生命大手町ビル2階