【イベントレポート】スタートアップが成功する秘訣を紹介~スタートアップ・アクセラレーション・プログラム in シリコンバレー~

English follows Japanese

スタートアップ企業支援とコワーキングスペース運営のfabbit株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 保成)は、シリコンバレーにおけるアクセラレーションプログラムのエッセンスについて学べるウェビナー(オンラインセミナー)「スタートアップ・アクセラレーション・プログラム in シリコンバレー」を開催しました。

当日は、シリコンバレーで著名なVC・アクセラレータである「BootUP World」のファウンダー兼CEOのMukul Agarwal氏が登壇し、日本を代表するエンジェル投資家であり、数々のスタートアップ企業を上場に導いた経験を持つボードウォーク・キャピタル株式会社 代表取締役社長の那珂通雅氏との対談形式で、スタートアップが成功するための秘訣を紹介しました。

アクセラレーションプログラム_Mukul

Mukul氏によると、スタートアップが成功するには2つのカギがあるといいます。それは、起業家精神(アントレプレナーシップ)と革新(イノベーション)です。そして、シリコンバレーにはこの二つが集まっているといいます。起業家の持つ考え方、性質、変化への対応力、危機対応力、エネルギー、失敗を克服しようとする力、自分のやりたいことを成し遂げる貪欲さ、熱意など、彼らのマインドセットがシリコンバレーを形成しているといいます。

そして、起業家の資質があるかどうかは、次の12の質問に当てはまるかどうかで分かるといいます。

  1. 熱意によって突き動かされているか
  2. 答えのない、曖昧な事象に対処できるか
  3. 不安な状況でも、働くことができるか
  4. 前例のない問題に対して、自分自身のソリューションを見つけることができるか
  5. 困難に直面したときに、生き残ろうと考えられるか
  6. 権利に固執せずに、仕事ができるか
  7. 複数の仕事を同時にこなすことが出来るか
  8. 失敗を学ぶ機会だと考えられるか
  9. リスクを取る勇気を持っているか
  10. 常識的に考え、自分を機能させることができるか
  11. 問題を解決するためにどのような状況にも身を置くことができるか
  12. 快適ゾーンから抜け出し、かつ論理的な心で働くことができるか

 

上記に当てはまらない点があっても、それを学ぶオープンな心を持ち、自分に自信をもって取り組むことで、あとからこれらの考え方を学ぶことができるといいます。そして、足りない要素については、BootUPやfabbitのようなメンターが、弱点を克服するサポートができると紹介しました。

また、失敗する起業家の共通点として、人、製品、市場の何か一つが欠けていると言います。市場にある本当のニーズが何か、そして自社の強みと弱みを理解して他社と差別化することが大切だといいます。起業したての頃に成功する要因はチームが8割、アイデアが2割とも言われており、仲間を増やすためにも、投資家の心をつかむためにも、自社の魅力を伝える重要性は高いといいます。

そして、日本で成功してからシリコンバレーに進出するという考えは間違いで、何万もの起業家精神を持ったスタートアップが集まるシリコンバレーには、マインドセットという共通言語があり、シリコンバレーに来れば世界を相手にすることができるといいます。そして、適切な計画がない場合には、BootUPやfabbitがサポートをできると紹介しました。

最後に、このコロナ禍においても、起業家は自分たちのやっていることに注力し、これを機会ととらえて、いかにこの状況を自分たちのビジネスに生かすことができるか、チャンスを広げることができるかを考えるべきであると語りました。

以上

 

【fabbit 株式会社の会社概要】

代表者:代表取締役 田中 保成

本社所在地:東京都千代田区大手町二丁目6番1号 朝日生命大手町ビル3階

 

 

【Event Report】Secrets of Success for Startups – Acceleration Programs in Silicon Valley

 

fabbit Inc. (headquartered in Chiyoda-ku, Tokyo, CEO: Yasunari Tanaka), a startup support and coworking space operator, held a webinar entitled “Startup Acceleration Program in Silicon Valley”, which introduced the secrets to successful startups.

Mr. Mukul Agarwal, the founder and CEO of BootUP World, a well-known VC and accelerator in Silicon Valley, had a conversation with Mr. Michimasa Naka, CEO of Boardwalk, a leading Japanese angel investor who has led many startup companies to IPOs.

According to Mukul, there are two major points to a startup’s success: entrepreneurship and innovation, and it is stated that Silicon Valley possessed both. Entrepreneurs’ mindset, nature, resilience, crisis adaptability, their energy, their ability to surmount failures, their insatiable desire and enthusiasm to do what they want to do, are the  Silicon Valley’s trademarks and make them standout.

It is believed that you have entrepreneurial qualities if you positively answer the following 12 questions.

  1. Are you passion driven?
  2. Can you handle ambiguous events?
  3. Can you work under pressure?
  4. Are you independent to find solutions to unprecedented problems?
  5. Can you perceive that you can surpass and  survive in the face of difficulties?
  6. Can you serve without the sense of entitlement?
  7. Can you multitask?
  8. Do you consider mistakes as an opportunity to learn?
  9. Do you have the courage to take risks?
  10. Can you perform your duties with a high level of common sense?
  11. Can you put yourself in any stage to solve problems?
  12. Can you go an extra mile, be out of your comfort zone, and work with a logical mind?

Mukul added that even if there are points that don’t fit the above, if you have an open mind at the same time confidence, you are able to learn  those mentioned ideas and qualities. And to fulfill the missing elements, he introduced mentors such as BootUP and fabbit who can guide them overcome their weaknesses.

He also mentioned that entrepreneurs who fail have one thing in common: people, products, or markets. He reiterated the  importance of understanding the real needs of  the marketplace as well as the strengths and weaknesses of the company to  differentiate it from other players. It is said that 80% of teamwork and 20% of ideas are the factors of startups success, so it’s important to communicate the company’s attractiveness to increase the number of interested people and investors.

They also expressed the idea that succeeding in Japan before moving to Silicon Valley was a mistake, as Silicon Valley is home to tens of thousands of entrepreneurial startups, and has a common mindset that allows them to deal with the world when they visit Silicon Valley. And if they don’t have a comprehensive and proper plan, BootUP and fabbit are willing to provide assistance.

Finally, he said that even in this COVID-19 situation, entrepreneurs should focus on what they are doing and take advantage of the circumstances to anticipate how to expand opportunities. 

 

【Company Profile of fabbit, Inc.】

Representative: Yasunari Tanaka, Representative Director

Head office: Asahi Seimei Otemachi Building 3rd Floor, 2-6-1 Otemachi, Chiyoda-ku, Tokyo