【イベントレポート】世界的アクセラレータが注目する「国内屈指のスタートアップ都市」神戸の魅力を紹介するイベントレポート

Japanese followed by English

スタートアップ企業支援とコワーキングスペース運営のfabbit株式会社(本社:東京都千代田区、CEO:田中 保成)は、11月5日(木)18時から、「『国内屈指のスタートアップ都市』神戸の魅力を語る!」と題したイベントをfabbit神戸三宮で開催しました。

冒頭には、神戸市 医療・新産業本部 新産業部 新産業課長の武田 卓氏と塩屋土地株式会社 代表取締役社長の井植敏彰氏よりご挨拶をいただき、神戸市の取り組みや神戸のスタートアップ支援の風土について紹介がありました。その後、神戸にゆかりのある神戸大学産官学連携本部教授の熊野正樹氏、500 Startupsの大出歩美氏、神戸を拠点にするスタートアップ企業の株式会社T-ICUの鴻池 善彦 氏とACALL株式会社 代表取締役の長沼斉寿氏が講演を行い、後半にはボードウォーク・キャピタル株式会社 代表取締役社長CEOの那珂通雅氏をモデレーターに迎えてパネルディスカッションを行いました。

神戸大学産官学連携本部教授の熊野正樹氏は、九州大学で起業部を立ち上げられた方として有名で、本格的な起業家育成を行う場として部活動が必要だという問題意識から、起業部を作られました。同部から参加した6チームが国内外のビジネスプランコンテストで優勝したほか、創部から半年で起業した会社は7~8か月後に1億円を調達しました。また、3年半の活動で18社を起業しており、政府からも注目を集めています。そして、2021年4月に神戸大学に起業部を設立予定で、神戸を学生起業家の聖地にしたいという意気込みを語りました。

続いて、世界的なアクセラレーターである500 Startupsの大出歩美氏が、スタートアップエコシステムについて講演しました。同社は、スタートアップの成長支援だけでなく、その地域の人々と経済に貢献することを目指しており、2016年からは神戸市とともに、500 Kobe Acceleratorというアクセラレーションプログラムを共催しています。同プログラムでは、500 Startupsのグローバルメンターから直接指導が受けられ、過去4年間で、応募総数は830以上、9か国70社以上が参加したことなどが紹介されました。また、資金調達額は110億円にも上り、国内外のスタートアップ育成、神戸のスタートアップエコシステムのグローバルプレゼンスの向上、神戸のスタートアップエコシステムの形成を目的に活動していると紹介されました。

続いて、集中治療専門医チームが資料サポートを行う株式会社T-ICUの鴻池 善彦 氏が登壇し、同社の取り組みについて紹介しました。同社では、ICUの専門家不足の解消を目指し、集中治療専門医、集中ケアの認定看護師を多数擁するセンターにおいて、画像データ、検査データをもとにビデオ会議システムを用いて遠隔診療を実現する、医療の新しいカタチを提案しています。起業コンテストでの受賞、J-startup関西にも選定されるなど、厚生労働省にも注目されています。

最後に、ワークスタイルのデジタルトランスフォーメーションを目的に、WorkstyleOSを開発するACALL株式会社 代表取締役 長沼斉寿氏が登壇しました。WorkstyleOSとは、「どこでも安心・安全・快適にはたらく」を実現するもので、あらゆるスペースをワークスペースとして安心安全につなげることを目指しています。大手不動産会社や金融会社から、合計8.3億円の資金調達をしており、4,000社以上の導入企業があります。長沼氏は、神戸で起業するメリットとして、都市特有の窮屈さを解消しつつ、都市の利便性を有していること、スマートシティ実験都市であること、各種教育機関との距離が近いことなどをあげ、神戸起点のエンジニアコミュニティづくり、を神戸に期待していると語りました。

後半には、モデレーターに那珂氏と、パネラーに講演者と株式会社パソナグループ ベンチャー戦略本部の事業開発ディレクターである塩谷愛氏を迎え、パネルディスカッションが行われました。神戸市の魅力として、行政がリーダーシップを発揮して500 Startupsと取り組みを開始したことや、コロナ禍でも挑戦して新しいことを作っていこうという意識を行政から感じられること、次世代のユニコーンを輩出すべく、困っている課題を解決し、乗り越えていくための入口をしっかり整備していることなどが紹介されたほか、スタートアップのエコシステム形成に期待することとして、地域の特色や特徴を活かしたスタートアップの取り組みであったり、大学や学生をハブにした町全体の取り組みやコミュニティづくりなど、活発な意見交換がされました。

fabbitでは、最先端の情報やビジネストレンド、さらには事業に役立つ情報をお届けする多種多様なイベントや交流会を開催しています。fabbitの開催するイベント情報は下記をご覧ください。

https://fabbit.co.jp/event/

 

以上

 

【fabbit 株式会社の会社概要】

代表者:代表取締役 田中 保成

本社所在地:東京都千代田区大手町二丁目6番1号 朝日生命大手町ビル3階

 

 

[Event Report] An event report introducing the charm of Kobe, one of Japan’s leading start-up cities attracting the attention of global accelerators

 

fabbit Inc. (headquartered in Chiyoda-ku, Tokyo; CEO: Yasunari Tanaka), which supports start-up companies and operates co-working spaces, held an event last November 5, Thursday, at fabbit Kobe Sannomiya, entitled “Talk about the Charm of Kobe, ‘Japan’s Leading Startup City’.

At the beginning of the event, Mr. Taku Takeda, Director of New Business Promotion Division at Kobe City Government, and Mr. Toshiaki Iue, President of Shioya Tochi Co., gave a greeting and introduced Kobe’s startup support system and Kobe’s culture to support them. After that, lectures were given by Mr. Masaki Kumano, Professor of Kobe University’s Office Industry, Government and University Collaboration, Ms. Ayumi Ode of 500 Startups and two entrepreneurs based in Kobe, Mr. Yoshihiko Konoike of T-ICU, and Mr. Yoshihisa Naganuma, President of ACALL Corporation. After that, a panel discussion was observed, which was moderated by Mr. Michimasa Naka, President and CEO of Boardwalk Capital Inc.

In addition, Dr. Masaki Kumano, a professor at Kobe University’s Office of Industry, Government, and Academia, famous for establishing the Entrepreneurship Club at Kyushu University, created the entrepreneurs club for university students because of  his awareness that activities are immensely necessary to foster full-fledged entrepreneurs. Six teams won domestic and international business plan contests, and the first company that was launched within six months of the club raised 100 million yen in 7-8 months. Furthermore, 18 companies have been established in three and a half years of activity, and these activities have attracted the attention of the government. He stated he plans to establish an entrepreneurial club at Kobe University in April 2021 and expressed his enthusiasm for making Kobe a sanctuary for student entrepreneurs.

 

Next, Ms. Ayumi Oide of 500 Startups, a global accelerator, spoke about the startup ecosystem. The company aims not only to support the growth of startups, but also to contribute to the people and economy of the region, and since 2016, it has co-sponsored an acceleration program called 500 Kobe Accelerator with Kobe City. The program provides direct mentoring from 500 Startups’ global mentors, and over the past four years, more than 830 applications and 70 companies from nine countries have participated in the program. She also introduced the funding amount of 11 billion yen, with the goal of fostering domestic and international startups, enhancing the global presence of the startup ecosystem in Kobe, and creating a startup ecosystem in Kobe.

After that, Dr. Yoshihiko Konoike of T-ICU, a company with a team of intensive care physicians support for doctors, took the stage and introduced the company’s initiatives and aims to solve the shortage of specialists in the ICU by proposing a new form of medical care that uses video conferencing systems to realize telemedicine based on image and examination data at a center that has a large number of intensive care physicians and certified nurses for intensive care. They have won an entrepreneurship contest, have been selected for J-startup Kansai, and have attracted the attention of the Ministry of Health, Labour and Welfare.

Lastly, ACALL Corporation’s president, Mr. Yoshihisa Naganuma, who is developing WorkstyleOS with the aim of digital work style transformation, took the stage to give a talk about WorkstyleOS, a system that allows people to work safely, securely, and comfortably anywhere for safety and security purposes as a workspace. It has raised a total of 830 million yen in funding from major real estate and financial companies and has more than 4,000 companies that have adopted it. Mr. Naganuma mentioned that the advantages of starting a business in Kobe include the city’s convenience while eliminating the cramped conditions inherent to a city, its status as an experimental smart city, and its proximity to various educational institutions. He also expressed his expectations and hoped to create an engineering community in Kobe.

In the latter half of the event, a panel discussion was held with Mr. Naka as moderator and Ai Shiotani, Director of Business Development at Pasona Group’s Venture Strategy Division, as another panelist. The appeal of Kobe City is that the government has taken a leadership role in providing initiatives with 500 Startups, the government’s awareness of the need to be competitive and innovative even in the face of the corona crisis, and the city’s ability to solve problems and create an opportunity to produce the next generation of unicorns. In addition to the introduction of the well-developed system, there was an engaging and dynamic exchange of insights on the expectations in the startup ecosystem formation, including startup initiatives that make use of the characteristics and features of the region, and town-wide initiatives and community building with universities and students as the  hub.

fabbit holds a wide variety of events and social gatherings that deliver cutting-edge information and business trends, as well as useful information for businesses.

 

You can find more information about fabbit’s events at:

https://fabbit.co.jp/event/

 

Corporate Overview of fabbit Inc.

Representative: Yasunari Tanaka, Representative Director

Head office: Asahi Seimei Otemachi Building 3rd Floor,

 2-6-1 Otemachi, Chiyoda-ku, Tokyo